合言葉は「微笑み~や」

あなたの住む世界、どんな未来を描きますか  ☆彡

微生物に学ぶ

どうしても捨てられなかった本

 

昨年、今年とわずか1年でまた引っ越しを

することになったワタクシ。

 

昨年の引越し時には 15年住んでいた所からだったので

それは もう~、

 

押し入れの中のものや本や ばっさばっさと捨てました。

 

そして 今年の引越しでも

さらに 使っていなかったものは あらたに処分し、

 

手元に残っている本は 段ボール1箱分にも満たなくなりました。

 

その中でも、これはまだ 当分捨てられない1冊。

 

「宇宙にたった一つの〈いのち〉の仕組み」  

 

地球家族代表の河合勝先生のご著書です。

 

こちらの本から

 

本当にさまざまなことを あらためて知りました。

地球家族主催のセミナーに、何度も参加したり

河合先生とじかにお話しさせていただいたり

 

受けた影響は多大です。

自分のなかで いろいろと発展した出来事もあります。

 

まさに宇宙の真理!

 

人体は60兆個の細胞からなっていると

よくいわれますが、

 

微生物の数にしたら もっともっとです。

 

薬草の話、精霊の話、災害の話、病気の原因と治し方、

心臓の後ろにある光の細胞などなど。

 

微生物の社会のルールは

共存・共生、救け合い、分かち合い、争わない。

 

種類が違っても 決して傷つけることなく

お互いのために共同作業をすると。

 

そして

微生物は ひとの心を100%読んでいる!

微生物同士、以心伝心。

 

些細なことで 愚かな行いをしてしまう人間とは

明らかに違いすぎる微生物の働きに驚かされます。

けれども 腸をはじめ、

私たちの身体は 微生物によって生かされていることを知ったら

除菌に振り回されるのは あれれ?みたいな。

 

いのちとは なんぞや?

はるか昔の人類は 理解されていたみたいです。

 

文明が進歩したといっても

じゃあ なぜ、戦争はなくならないの?

平和って なに?

子供心に ワタシは思っていました。

 

 

たくさんの方が

真実に気づけますように。

ワタシも まだまだ途中です。

 

 

 

つい最近、こちらの本の新装完全版が刊行されました。

 

未来のこどもたちへ

美しい地球を残し、ユートピアの世界へとなりますように

せつに願います。