合言葉は「微笑み~や」

あなたの住む世界、どんな未来を描きますか  ☆彡

父の笑顔

童心に還る

 

最近の父の笑顔が 増々 童心に還っているように思う

 

昨年の夏から秋頃にかけて

認知症が進んでるなあ・・と 思っていたけれど

 

今年始めに転んで、圧迫骨折で入院して

 

一気に 筋力低下他、諸々落ち

 

退院後は 週末のみ自宅介護の状態でしたが、

 

明らかに 別次元を生きているように思えます。

 

なにを聞いても 「わかんないよ」と

笑って答え、

うれしいときには

屈託のない笑顔を見せてくれます。

 

とぼけた演技でもしてるの? と

 

思うときもあります。

 

なにか用を思い出しては

家の周りを何度も 歩いて

でも 忘れちゃうんだよね。

 

さんざん野良仕事もしたし

地域の様々な役をこなし

いつも忙しくしていた父。

 

今ごろになって ようやく

身体を休めているようです。

 

子供のころからの家のことや

田んぼや畑の手伝いを含めたら

サラリーマン時代の倍近く

身体を酷使してきたことになりますし、

 

そりゃあ 壊れてもおかしくないのかなと

納得してしまいます。

 

唯一の楽しみであったゴルフは

存分にできたのでしょうか。

 

20代のワタシ自身が気づいていなかった本性を

父は すでに見抜いていました。

30才近くなって こういうことだったんだ!と 気づいたとき

父って凄い!

あらためて 実感したのを覚えています。

 

長男としての役割

会社員としての役割

地域での委員・役員としての役割

父親としての役割

 

たくさんの役目を果たしてきた父。

 

今はすっかり忘れて?

 

静かに穏やかに 過ごしています。

 

親孝行らしきことが なかなかできていませんが

容赦なく子供に還っていく父に

 

これからも精一杯 笑顔で接していこうと思います。

 

父の笑顔は最高です!