合言葉は「微笑み~や」

「ほほえみ銀河へようこそ!」の姉妹ぶろぐ。ほっと一休みできますように

お金に対する思い込み

お金はエネルギー

ありがたいことに お金に困ったことはありませんが

お金に対しての思い込みはあるようです。

 

育った環境が お金に対してシビアで

けちけちの小言を さんざん聞かされてきたことが

しっかりと 身に沁みついているのだと思います。

 

たくさんは要らない

生活ができれば 十分だ

豊かさは ひとごと

衣食住に困っている方を思えば ありがたいと思う

分相応でいい  とか

 

けれども

スーパーで食品のセール品には見向きもしないし

タクシー代には 惜しみなく使っちゃうし

洋服も素材は選ぶので ふつうかな

 

あえていうなら

よりたくさん稼ぐことに対して抵抗があるのは 確かです。

 

もしも、宝くじが当選したら

以前は 「即行、仕事を辞める」とか 思っていたけど

やっきになって 宝くじを買っていたわけではありません。

 

今は そんなことも思わなくなってきてます。

なんていうのかなあ

よく わかってないかんじ

考えることもしてないというか

 

ただ 何かに身を任せてる?

そんなかんじです。

 

そこで お金をエネルギーとして扱ってよい!

無意識に潜行してみようと思います。

 

時代劇によく出てくる 木材でできた大きな看板。

その看板には 

「立ち入ることべからず」??

大きな字で書いてある。

でんと目の前に鎮座してます。

 

ブロック解除後のイメージを見てみると

 

誰かがその看板に 水をぶっかけた?

いや 墨?

字が読めなくなってきた

絵描きさん 現る?

看板に カワイイ絵が描かれて

広場の真ん中に飾られました。

その広場では みんなが楽しそうに笑っています。

おっかない看板が 憩いのシンボルに 変わったみたいです!

 

ん~ なるへそね。

面白いじゃん。

 

無意識さん、ありがとう!!

 

イメージを入れ替えます。