合言葉は「微笑み~や」

あなたの住む世界、どんな未来を描きますか  ☆彡

体サイズで 時間が違う

「ぞうの時間、ねずみの時間」

 

本のタイトルは こんなだったかな。

 

 

娘と病院のロビーでの待ち合わせ時間に

早く着いたので

外来の一角にあった図書コーナーで

なにげなく本をさがしてみて、

ふと気になったタイトルの本を

手にとってみた。

 

 

パラパラ~っとページをめくり

飛び込んできた文字は

 

「時間は体重の1/4乗に比例するのである」 でした。

 

いろいろな哺乳類で 体重と時間とを測ってみたら

こんな関係が浮かび上がってきたとのこと。

 

 

 

日常の活動の時間も

やはり体重の1/4乗に比例すると。

 

息をする時間間隔、

心臓が打つ間隔、

腸が1回、じわっとする時間、

血液が体内を1巡する時間、

体外から入った異物をふたたび体外へと除去するのに要する時間、

タンパク質が合成されてから壊されるまでの時間、などなど。

 

我々はふつう、時計を使って時間を測るが、

ぞうにはぞうの、

イヌにはイヌの、

ネコにはネコの、

ネズミにはネズミの時間があるらしい。

 

体のサイズに応じて

違う時間の単位があることを

生物学は教えてくれるらしい。

 

 

こういうことを

研究者の方達は

日々、実験と研究をされているのですね。

地道な努力がなされているんだなあ。

 

時間に関係のある現象が すべて

体重の1/4乗に比例するのなら

息を1回、吸って吐く間に

心臓は4回、ドキんドキん打つことがわかるとか。

 

寿命を心臓の鼓動時間で割ると

哺乳類ではどの動物でも

一生の間に 心臓は20億回、

打つという計算になるのだそうで。

 

寿命を呼吸する時間で割れば

一生のうちには 約5億回、

息をすーはー繰り返すと計算できると。

 

 

 

本当に 神秘というか

創造神はすごい!!

 

 

 

数字に対する苦手意識が強いのですが、

なるほどねーと

サイズという視点でみてみると

なかなかに面白そうだなと

思った本でした^^

 

 

 

ワタクシ事で恐縮ですが、

今朝 起き上がるのに

目が覚めてから 

しばらくの間、腰の痛みにうめいて

「よし、起きるか!」と決断してから

無事に目的が遂行されるまでに

10分以上要しました

*1

いやー まいりました><

 

 

起きてから まごまご動いているうちに

お~ 大丈夫そうじゃんって

なりましたが、

明日の朝も ちょっぴり キョウフです。

 

ではでは オヤスミナサイ

*1:o(;△;)o